現在のページはホームの中の企業情報の中の会社沿革のページです。

会社沿革

当社は、神奈川県南足柄市に本社を置くパナック工業株式会社の販売部門を継承して独立した会社です。
この販売部門の沿革を独立以前にさかのぼってご紹介いたします。

1933年 10月 東京都墨田区吾嬬町に中村玩具店を設立
1938年 4月 東京都葛飾区堀切町に移転、中村セルロイド工業所と改称
1948年 3月 資本金19万5000円を以って株式会社中村セルロイド工業所と改称
神奈川県南足柄市に本社を、東京都葛飾区堀切町に東京営業所を設置
1959年 4月 東京都中央区日本橋室町に東京営業所を移転
富士フイルム「フジタック」の販売に着手(1961年に特約店契約締結)
1964年 12月 資本金を3000万円とし、工場設備の充実を図る
1967年 4月 東レ「ルミラー」の販売に着手
1969年 4月 営業所拡充を図り名古屋市に名古屋営業所を開設
1970年 4月 パナック工業株式会社に社名変更
1972年 4月 東京都千代田区神田須田町に営業本部を設け販売、経理、企画部門を統合
葛飾区堀切を東京工場として業務の充実を図る
10月 大阪市に大阪営業所を開設
1979年 1月 業務拡大にともない、本社業務部門と販売部門を分割
販売部門が新たにパナック工業株式会社として誕生(資本金3000万円)
1980年 4月 資本金を3600万円に増資
1983年 7月 松本営業所を開設
1984年 2月 パナック技研株式会社を設立し、特殊加工部門を移管
1985年 6月 小山工場が完成、コーティング、ラミネート加工能力の充実を図る
1986年 3月 三重工場が完成、クリーンルームを設け、より高品位な加工能力の充実を図る
4月 資本金を4320万円に増資
1987年 10月 台湾パナックを設立
1989年 1月 パナック株式会社に社名変更
2月 資本金を9500万円に増資
1990年 2月 姫路営業所を開設
12月 奈良営業所を開設
1991年 4月 パナック企画株式会社を設立
1992年 2月 香港パナックを設立
11月 シンセン市宝安県にて香港パナックシンセン工場の操業を開始
1996年 7月 尾道営業所を開設
上海パナックを設立
1997年 6月 シンセン工場ISO9002取得
7月 金沢営業所を開設
資本金を1億4250万円に増資
1998年 2月 三重工場コーティングライン完成(クラス1000)
4月 コンバーティング部門・三重工場ISO9002取得
2000年 2月 資本金を3億1000万円に増資
3月 東京工場ISO9002取得
4月 小山工場ISO9002取得
台湾パナックISO9002取得(国内・海外6工場すべてでISO9002認証取得を完了)
8月 三重営業所を開設
9月 熊本営業所を開設
2001年 11月 香港パナック、シンセン工場ISO14001認証取得
2002年 2月 三重工場ISO14001認証取得
2003年 3月 パナックコリア株式会社を設立
4月 富士宮工場研究棟完成
三重工場を亀山工場に名称変更
パナック技研(株)の社名をシエス(株)に変更
11月 蘇州凡納克光電有限公司(蘇州パナック)を設立
12月 台湾パナックISO14001認証取得
2004年 4月 本社及び国内、海外6工場ISO9001認証を取得
5月 富士宮工場が完成。亀山営業所を開設
9月 本社を東京都港区芝に移転
2005年 4月 香港パナック、フィリピン駐在事務所開設
パナック企画株式会社をパナック株式会社に統合
5月 小山工場の機能を富士宮工場に移転し、業務終了
2006年 4月 上海パナックISO14001取得
7月 蘇州パナックISO14001取得
2008年 3月 奈良・金沢営業所を各々、三重営業所、本社へ機能統合
2009年 3月 三重営業所を松阪市から津市へ移転し、亀山営業所を統合
姫路営業所を大阪営業所、本社へ機能統合
東京工場の機能を富士宮工場、亀山工場へ統合
2012年 5月 新川崎ラボを開設
11月 香港パナックの深圳工場を独立法人化
深圳凡納克塑胶膜有限公司として独立
2013年 4月 パナックアドバンス株式会社を設立
8月 松本営業所の機能を本社へ統合
2014年 4月 三重営業所を亀山工場敷地内に移設
2015年 4月 タイパナック株式会社を設立
2016年 3月 三重営業所の機能を大阪営業所、名古屋営業所へ統合
2017年 2月 パナックアドバンス株式会社を吸収合併

PAGE UP